採用力・定着力アップセミナーを開催【情報掲示板】情報掲示板

採用力・定着力アップセミナーを開催

2019-12-24

[活 動]

『優秀な人材を獲得するための3つのポイント』を学ぶ

採用力・定着力アップセミナーを開催▲会津会場の様子

「求人を出しても、ほとんど応募がない・・・」
「採用しても、すぐに辞めてしまう・・・」

 少子高齢化が進み、どの業界も超売り手市場といわれる採用難の時代。特に人手を必要とする医療機関にとって、スタッフ採用・定着は深刻な課題です。

 そこで保険医協会では、医療機関の人出不足解消の一助を担うべく、医療機関のための採用力・定着力アップセミナー「優秀な人材を獲得するための3つのポイント」を開催。(11月・県内4地域)

 研修には、求人・採用のポイントや早期離職を防ぐ仕組みを学ぼうと、医師・歯科医師・スタッフなど、県内18医療機関から26名の方が参加しました。

研修会の内容

採用と定着・・・。一口で言えば簡単な言葉でも、実際の運用は、一筋縄ではいかないのがこの分野。そこで本セミナーでは、「採用」と「定着」それぞれの分野のエキスパートを講師に迎え、二部構成にて実施しました。

 前半は、中小企業の人材採用を様々な視点からサポートする(株)トーコンヒューマンリソース 仙台支社長の松野健司さん。採用をテーマに『優秀な人材を獲得し、早期離職を防ぐ採用力アップのポイント』と題し、お話し頂きました。

「採用力をアップするためには、時代の流れを踏まえた様々なポイントを押さえる必要があります。特に現在の20代の方々は、ハローワークに行かず、インディードなどのWEB経由での求職が主流になっています」と松野さん。応募者数を増やすためには、WEB上に人材募集用の専用サイトを立ち上げることが有効であると説明しました。

 後半の講師は、特定社会保険労務士であり、また自らスタッフ研修も行っている(株)エンパワーマネジメント代表の林秀樹さん。定着をテーマに『こうすれば定着する!人が辞めない医院づくり』と題し、お話し頂きました。

 林さんは「時代は働き方改革の真っ最中です。経営者は、スタッフが安心して働ける院内ルール作りを進めると共に、そのルールを個別に分かりやすく伝える必要があります」と、相手に合わせた伝え方を工夫する必要性を強調しました。

 またそのためのツールとして、林さんが独自に開発した「ワークルールブック」を紹介。これは、自院の就業規則や規程を分かりやすく図解したもの。既存のスタッフだけでなく、採用面接の際にも使用できるとあり、多くの参加者から注目を集めました。

来年度も開催予定

 保険医協会では、引き続き来年度も「採用・定着」に関する経営者向けの研修を実施する予定です。採用・定着でお困りの方は、ぜひご参加ください。