福島の復興への道のり【情報掲示板】情報掲示板

福島の復興への道のり

2019-06-25

[コラム]

福島の復興への道のり

 2011年に震災からの復興と鎮魂をテーマに開催された東北六魂祭を引き継いだ形の東北絆まつりが去る6月1日、2日に福島市で開催された。音楽や振り付けを刷新したという新生福島わらじまつりの他、東北6県を代表する夏祭りが沿道を埋める観客が見守る中、華やかに披露された。震災から8年が経ち、その記憶も少しずつ風化しつつある中、復興への道のりはまだまだ続いている。祭りの力で福島、そして東北の心が一つとなって復興への力の後押しとなったと思われる。2日間で集まった観衆は福島市の人口を上回る30万人に達し、東北以外の地域からも多くの人が訪れ、東北人の心の結集に感動したそうだ。

 さらに来年は「復興五輪」とも称される東京オリンピック・パラリンピックが開催され、福島県が聖火リレーの出発点となるほか、福島市で野球・ソフトボールの試合も開催される。国内外から福島が注目され、復興を全世界へアピールする絶好の機会となることが期待される。

 しかし今も多くの人が故郷へ帰還できないでいることや農産物、海産物への風評が残っている現状を考えると明るい未来を築くためにはさらに長い道のりを歩み続けなければならない。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

(F・S)