"未来から選ばれる医院"になるための第一歩 【第13回】【情報掲示板】情報掲示板

"未来から選ばれる医院"になるための第一歩 【第13回】

公的医療保険の基礎知識

2019-04-25

[コラム]

 医療機関に勤めて間もない方を悩ませること。それは「専門機関・用語の多さ」かもしれません。特に医療機関を取り巻く環境は登場人物が多く、結構複雑です。
 そこで今回は「公的医療保険制度」に関して、どこまで知っていれば良いかを考えてみましょう。

(1)この質問に答えられますか?

①あなたが加入している健康保険の種類は何?
②保険者とは、どのような事業を行っているところ?
③被保険者とは、どのような人?
④医療機関と保険医療機関の違いは?
⑤審査支払機関とはどのような事業を行っているところ?
⑥厚生局と保健福祉事務所(保健所)の違いは?

(2)何をどこまで知っていればよいか?

相関図(画像をクリックすると拡大表示されます。)

 上記の質問と右の相関図が説明できれば第一段階はクリアです。あとは、自分の業務に必要な知識と根拠をどこまで深めれば良いのか?を明確にしておくことです。

 全体像がつかめていれば、イレギュラーな事態や患者さんからの質問にもスムーズに対応しやすくなります。
詳しくは、当会の「公的医療保険制度の基礎知識」を受講してみてください。

次回のテーマは、「介護保険の基礎知識」です。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
(事務局/小川)